永代供養墓の納骨と供養方法

永代供養墓の納骨と供養方法

永代供養墓に、ご親族を入れる場合、納骨の手順は通常の納骨とは少し違うものとなります。悩む前にここ→名古屋 永代供養におまかせください。

 

一つとして、遺骨を骨壷から出して一箇所に纏め、そこで土に還す「合祀」という手順が有ります。

 

永代供養墓は集合墓ですから、このような形になるのです。
この合祀にもいくつかの手法が有ります。

 

まずひとつとしては、一定期間、骨壷に遺骨を保存した後に、合祀をする方法です。安置の期間は3回忌から33回忌まで、まちまちです。
別には、遺骨を分骨した後に、一部を永代安置して、残りを合祀とするものもあります。
基本的には、安置ののちに、合祀という方法をとっていきます。
納骨の後の供養もまた、色々な手法があります。
まず、毎年の春彼岸とお盆、そして秋彼岸に合同供養するというものです。この手法は一般的です。
この他に、年に一回の供養・あるいは毎月の供養をお寺で行ってもらうものもあります。
祥月命日も供養してもらえるお寺もあります。

 

寺ごとに供養方法も納骨方法も様々ですから、まずはお近くの寺をお調べになるとよいでしょう。