住宅の作りは大きく分けて2つあります

住宅の作りは大きく分けて2つあります

在来工法とツーバイフォー工法があります。
お探しの土地探し 東京をお選びください。
ここ最近住宅の購入を考えているので本をいくつか購入したのですが、工法が大きく分けるとこの二通りあるそうです。
参考までに渋谷区 設計事務所を選んでみてください。
そして日本独自の工法はこの在来工法というものだそうです。
不明な点がありましたら渋谷区 注文住宅を比べてみてください。
が本を見る限りこの在来工法を良いと書いてある本が4冊購入して1冊も無かったのがびっくりしました。
問題が発生しましたら東京 土地探し吟味してみてください。
伝統ある日本の工法なのに外国からきたツーバイフォーの方が基本的に性能が上に近い事が書いてあるのです。当然長所短所で書いてあるのですが、在来工法の長所は決まって設計の融通がきく、後々増築に適しているという、それに比べてツーバイフォーは作業が単純なので技術で当たり外れが出にくい、耐久性や断熱性や耐震性という部分で優れていると書かれています。正直今のご時世でつい最近あった様々な震災等を考えるとどうしてもツーバイフォーに心が傾いてしまうのですが、実際本当にこんなにも性能違うのでしょうか。そもそも日本は外国に比べて確かに家の耐久年数が短かったのは知っているのですが、それが在来工法だったからという事なのでしょうか。最近までの家は基本的に在来工法だったはずですが、そんなに弱い家だという意識があったでしょうか。でも素人の考えよりも本に書かれている事は正しいんでしょうし、と思うと会社選びも大切ですが工法をどちらでやっているかもしっかりと見ないとダメなのでしょうか。何か複雑です。
わからないことがありましたら窓 デザインを比較してみてください。