遺言を残すことは大事なこと

多様性にマッチした永代供養

どうしよう・・・!千葉 永代供養←←ここ。
以前、私の父方のおじが他界した時に、我が家のお墓問題が明るみになりました。
ちょっと複雑な経緯があるので、同じ家計であっても本家と言われる墓が3つあり、
考えておこう、桜樹木葬まずはクリック
誰が、どの墓を供養していくのか?でかなり難航していました。
最終的にとった方法は、お寺や代理店に永代供養を依頼することにしたのですが、
この永代供養も「先祖放棄」という概念との戦いのようでした。
詳しく知るなら永代供養 千葉ならココです。
その時に、私は初めて「永代供養」という言葉を知ったのですが、
父親がその方法を選択した理由は、長男である私に対する気遣いであり、
どこの、どなたかも知らぬ方たちのお墓の管理を回さないために、
最後の砦として、英断した結論でした。
このサイトなら千葉 樹木葬←どうぞ
今でも、この先祖放棄という概念の方たちからは、たたかれているようで、
父親は自分の家計に関わるお墓には入りたくないと言っている事からも、
このお墓に関する相続問題は、相当な負担増なんだと思います。

まずは樹木葬 千葉←ココ
時代のニーズだからこそ、お墓や代理店を使っての永代供養という方法があり、
生き方の多様性にあったサービスであると思います。
それ以上に、関わる家族間の話し合いの方が問題で、
本当の敵は内部にいる、そんなビジネス格言とマッチしているように思えます。