歯科によって違う親不知の治療

歯科によって違う親不知の治療

如何せん上下左右の最も奥に生える「親不知」は悩みの種でした。詳しいことは教えて歯医者さん←ここでわかります
一番奥に生えていることのデメリットはかなり多くて
兎に角磨き残しが目立ってしまう場所です。探すなら歯医者検索←をクリック。
磨き残しが蓄積されてしまい、かなり親不知の中の虫歯が深くなってしまいました。
親不知の虫歯が深くなるとこんなにも痛くなるものなのかと
大人げなく涙ながらに籠ってしまうほどです。
この親不知を自分で何とかしようと思ってもとても出来るものではありません。
すっかり痛んでしまったの物のその日は祝日を挟んだ週末だったので
診察をしている歯科を見つけることができませんでした。
いっそ抜いてしまおうかと無茶をしたのですが、骨についている親不知を
素人が容易に抜歯できるわけがありません。適切な歯医者の選び方ができます。
縦に割れてしまったまま余計悪化してしまったので
絶対にいじってはならないと教訓を得ました。
こんなことが下の親不知で2回ほどありました。
2回の親不知治療で異なる歯科だったのですが
親不知をどうするかという診断がとても興味深かったです。困ったら歯科選び←まで。

一件目は神経を抜いて虫歯を取り除いた後に銀で覆うというものでした。
そして二件目は抜歯でした。
一件目の歯科の理由は「一本でも自分の歯を残しておいた方が将来のため」
というものでした。
抜歯の方が値段としては手ごろなのですがそう言われると悩んでしまいました。
これは人によってどう感じるのでしょうかとても気になります。